ブログ BLOG

DR.Tsのブログ

ハーブ&ドロシー

先日、シアターキノで「ハーブ&ドロシー」というドキュメンタリー映画を見てきました。

 

4月2日から上映されています。この映画はアメリカでジワジワとヒットし、多くの賞を受賞しています。昨年から東京をはじめとして、日本各地で上映されてきましたが、かなりのヒットとなっています。

 

ようやく、満を持して札幌で上映となりました。というのも監督・制作者である佐々木芽生さんは札幌出身なんです。もうニューヨークに23年間も住んでいて、長い間に吸収されたものが花開いたという感じでしょうか。実は彼女は私の高校の同級生で、先日会う機会があり色々と映画の裏話を聞かせてもらいました。

 

映画は、モダンアートのコレクターの夫婦の物語です。それほど裕福ではない二人が、自分たちの生活できる範囲内で、強い情熱を持って美術品を収集を長年続けてます。いつしかそのコレクションは専門家や芸術家にも認められ、一目置かれる存在になっていきます。現在もその収集意欲は旺盛で「伝説の2人」となっていきます…

 

是非、映画館に足を運んでみてください。一組の老夫婦の穏やかな生き方に共感し、秘められたアートへの強い情熱に感動を覚えるはずです。

●投稿日: 2011年4月16日

ライオンキング

昨日、「ライオンキング」に行ってきました。

 

会場は当然満席。

 

圧倒的なオープニングは何度見てもインパクトがあり、一瞬にして「ライオンキング」の世界に引き込まれます。北海道バージョンとも思える演出もあり、美しい舞台や踊りそしてミュージック。どれをとっても身震いするほどの感動です。その思いは、“サークル・オブ・ライフ(曲)”にのったエンディングで頂点を迎えます。そして拍手の鳴り止まぬフィナーレ…。

 

あまり中身について書くと、これから見に行く人の楽しみを奪うことになるのでこんなところで止めときます。

 

でもやっぱり舞台はいいですね。ライオンキングは何度か以前に見ていますが、「あれ、こんなシーンあったかな?」と思うことが沢山ありました。実際少しずつアレンジしているのかもしれませんが、いつも新鮮な驚きや感動があります。きっと見る人のその時の気持ちや立場、状況などによって、同じものを見ても感じ方や印象は変化するのが芸術なんでしょうね。

 

また見に行きたいと思います。みなさんも是非早いうちに行ってみてください。

●投稿日: 2011年4月3日

劇団四季がやってくる!

昨日、劇団四季の“開場記念芸術祭”に行ってきました。

 

演目は「赤毛のアン」。

おじさんが一人で見るにはちょっと照れるものでしたが、久しぶりの「四季」の公演で感激しました。会場はもちろん満席で、皆さんウルウルしながら盛り上がっていましたよ。

 

 

新しくできた「北海道四季劇場」は観客席とステージが近い感じで、席もとても見やすく配置されていて、シンプルな良い劇場でした。いつも満席になるようだといいですね。

 

グランドオープンは3月27日からの「ライオンキング」ですね。もうチケットは発売してます。

 

ライオンキングは何度か以前に見ましたが、大人から子どもまでどの世代が見ても圧倒され、そして感動できる素晴らしいミュージカルです。ぜひ家族で見られることをお勧めします。

 

北海道は残念ながら芸術のイベントが少ないのが現実です。せっかく『四季』が来たのですから、将来も北海道に定着するように、『日ハム』と同じぐらい応援して行きましょう。

●投稿日: 2011年1月31日

すべての妊婦さまにVery Merry X’mas !

 

今日はクリスマスイブ、皆さんにとっては素敵な夜になるはずです。

 

しかし、体重を気にしなければならない妊婦さんにとっては鬼門ですよね。

 

クリスマスを乗り越えたと思えば、大晦日やお正月もやって来るし……

 

 

 

今日の妊婦健診でも話題になってましたが、まあ今日のケーキぐらいはいいんじゃないですかぁ。

 

なんともゆるいコメントですが、明日から頑張ればいいじゃないですか~。

 

 

 

ということで、”I wish you all had a Very Merry Christmas !”

 

●投稿日: 2010年12月24日

赤ちゃんギャラリー

11月からホームページに「赤ちゃんギャラリー」というコーナーをスタートしました。気付いてましたか?

以前から、当院では「原スタジオ」のプロのカメラマンが撮った全員の赤ちゃんの写真をプレゼントしてましたが、素敵な写真ばかりなので皆さんに公開することにしました。赤ちゃんの写真は本当に可愛いですね(^O^)/

もう一つの目的は、遠くにいるおじいちゃん、おばあちゃんや兄弟など楽しみにしている人達にも見てもらえることです。もちろん、プリントアウトしてお部屋に飾ることもできますよね☆彡

写真には区別するための番号が入っています。自分の赤ちゃんの番号を、ぜひまわりの人達に教えてあげてください‼

●投稿日: 2010年12月22日
2 / 3« 先頭...23

ページ上部へ戻る